クオール株式会社

よくあるご質問

薬局サービスについての質問

かかりつけ薬剤師

Q.かかりつけ薬剤師ってなんですか?

A.十分な経験と国で定められた基準を満たしている薬剤師のことです。

お薬や健康に関して十分な経験を有し、国で定められた基準を満たしている薬剤師のことです。患者さま自身がかかりつけ薬剤師を決めることができます。

かかりつけ薬剤師

Q.いつでもかかりつけ薬剤師に対応してもらえるのですか?

A.原則として、かかりつけ薬剤師が対応いたします。

薬局にいる時間は勤務表にてご確認ください。開局時間を問わず対応いたします。状況により、他の薬剤師が対応する場合にも責任をもって対応いたします。

Q.かかりつけ薬剤師を決めるメリットは何ですか?

A.お薬の管理、在宅医療のサポートなどを行ってもらえます。

かかりつけ薬剤師は、より安心してお薬をご使用いただけるように、一元的・継続的にお薬の情報を把握し、お薬の飲み合わせの確認や説明をします。ご自宅に残っているお薬の整理や、血液検査の結果などをもとに薬学的な確認を行うこともできます。在宅での療養が必要になった場合でも、継続して担当いたします。

お薬手帳

Q.お薬手帳とは、どのようなものですか?

A.ご自身の健康を守る重要な情報を経時的にまとめたものです。

お薬手帳はご自身のお薬の記録で、ご自身の健康を守る重要な情報を経時的にまとめたものです。お薬の名前や服用する量だけでなく、体に合わなかったお薬の記録やアレルギーの記録、他で飲んでいる薬との飲み合わせなど、お薬を安全に服用して頂くための重要な情報(服用歴)が記録されている手帳です。また、患者さんの健康に関する情報を医師や薬剤師に伝えるためのものであるとともに医師と薬剤師がお薬の情報を確認するための「連絡帳」としても活躍します。

Q.お薬手帳はどんな時に持っているものですか?

A.医療機関の受診、急な体調変化に備えて外出先へお持ちください。

治療のために医療機関に受診するときや薬局に行かれる際には、お薬手帳を医師や薬剤師にお見せください。また、急な体調変化にも備えて、お出かけの際には常に持っているようにしましょう。急な入院、事故、災害時など、万一のときにもお薬手帳があると服用歴がすぐわかるため、迅速で適切な治療を受ける助けになります。

Q.クオール薬局のお薬手帳以外でも使えますか?

A.どこの薬局のお薬手帳でもご使用いただけます。

お薬手帳を受診した医療機関ごとに何冊も持っている場合があります。お薬手帳を一冊にまとめることで、経時的に漏れることなく、ご自身のお薬の情報を医師や薬剤師に伝えることができます。情報の確認漏れが起こらないためにもどこの病院・薬局に行ってもお薬手帳は共通で一冊にまとめましょう。

待ち時間

Q.なぜ薬ができあがるまでに時間がかかるのですか?

A.さまざまなお薬を調製するため、お時間を要することがあります。

処方箋を確認しながら、粉の薬、シロップの薬、塗り薬、パックにする薬などさまざまなお薬を調製して取り揃えるため、ある程度のお時間を要することがあります。また、安全にお薬をお使いいただくために、お薬のカルテ(薬歴)と照らし合わせながら、飲み合わせなども確認してお薬をお渡しするため、お時間のかかる場合がございます。

どうしてあんなに待たされるの?

Q.順番が前後するのはなぜですか?

A.お薬の種類や量によりお時間がかわってまきます。

お薬の種類や量、調整の方法などによって、お薬ができあがるまでの時間は変わります。また、処方内容によっては医師に照会する必要がある場合もあります。受け付けた順番どおりにお薬をお渡しできないこともありますのでご了承ください。

Q.待たずに受け取る方法はありますか?

A.ファックス送信、処方せん送信アプリなどをご活用ください。

事前に準備してお待ちしております。受け取りの際には、必ず処方箋原本をお持ちください。処方箋有効期限内にお薬を受け取れない場合には、その処方箋は無効になります。

処方せん送信アプリ

お会計

Q.クレジットカード、電子マネーの取り扱いはありますか?

A.クオール薬局ほぼ全ての店舗でクレジットカード、電子マネーをご利用できます。

クオール薬局では、交通系ICカードをはじめとする電子マネーがご利用できるほか、クレジットカードでのお支払いにも対応しています。(通信環境によりご利用できない店舗もございます。お手数ですが、詳しくは各店舗にお問い合わせください。)

クオール薬局を探す

Q.領収証の再発行はできますか?

A.原則として再発行はいたしません。

やむを得ず再発行を希望される場合には、薬局スタッフにご相談ください。

Q.薬局ごとに支払額が違うのはなぜですか?

A.必要な体制や設備によって保険点数が区分されているため異なる場合があります。

保険薬局では、処方箋応需に必要な体制や設備によって保険点数が区分されているため、薬局ごとに窓口でお支払いただく金額が異なる場合があります。

Q.明細書に書いてある「薬剤服用歴管理指導料」って何ですか?

A.飲み合わせ、副作用情報を提供し記録することで算出される料金です。

患者さまごとに作成したお薬のカルテに基づいて、お薬の飲み合わせや副作用を確認した上で、安全に安心してお薬をお使いいただくための必要な情報を提供し、記録することによって算定する料金です。

調剤業務についての質問

処方箋

Q.処方箋をもらったら、その日のうちに薬局へ行かなければいけませんか?

A.4日以内にお持ちください。

処方箋の有効期限は発行日も含めて4日間(処方箋に有効期限が記載されている場合を除く)と「保険医療機関及び保険医療養担当規則」により定められています。例えば4月1日に発行された処方箋は、4月4日までが有効期間です。この4日間には土日や祝日も含まれますので、年末年始やゴールデンウィークなど、4日間でお薬を受け取れない場合には、あらかじめ診察時にご相談ください。

Q.ファックスを送っておけば、いつ薬を取りに行ってもいいですか?

A.事前にファックスで送っていただいた場合でも、処方箋の有効期限はあくまでも処方日を含め4日間です。お薬は処方箋の有効期限内にお受け取りください。お受け取りの際は必ず処方箋原本をお持ちください。

受付

Q.なぜ保険証をみせないといけないのですか?

A.月1回の調剤薬局請求業務に必要になるためです。

保険薬局では、患者さまにお薬を交付したあと、月に1回、各保険組合などに医療保険負担分を請求します。レセプトといわれるものです。この時に、保険番号や有効期限、自己負担割合などに間違いがあると正しく請求することができません。そこで、処方箋をお預かりした時に保険証をみて確認しています。保険薬局における保険証の確認行為については「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」に定められています。

Q.初めて利用した時にアンケートを書くのはなぜですか?

A.安全にお薬をご使用いただく上で必要な情報をご記入いただいてます。

お薬を安全に安心してご使用いただくためにご記入をお願いしています。今服用中のお薬や過去にお体に合わなかったお薬、生活習慣などをお聞きすることで、飲み合わせがよくないお薬が処方されていないか確認することができます。

クオールカード

服薬指導

Q.薬剤師が毎回症状を聞くのはなぜですか?

A.副作用など体調の変化を見逃さないためにお聞きしてます。

症状をお聞きすることで、副作用が疑われるような体調の変化がないか、お薬の飲み合わせに問題はないかなどを確認しています。気になる症状などがあればご相談ください。

Q.残った薬は調整してもらえるのですか?

A.お手元にお薬が残っている場合にはご相談ください。

医師と相談の上、お薬の量や日数を調整いたします。

個人情報

Q.個人情報の取扱いに同意しないと、お薬は受け取れないのですか?

A.個人情報の提供は任意です。

ただし、個人情報の全部または一部について提供をいただけなかった場合には、調剤や健康相談など適切な医療サービスが提供できない場合があります。

Q.調剤報酬明細書(レセプト)が欲しいのですが?

A.必要な書類と手数料をご用意ください。

「個人情報開示等請求書」に必要書類と手数料を添えてご送付ください。

個人情報開示等請求書

個人情報開示等請求書(記載例)

Q.患者本人が薬を受け取れない場合、家族が受け取ってもいいのですか?

A.ご本人以外でもお受け取り頂ける場合があります。

患者さまの看護に当たられているご家族等、患者さまご本人でなくてもお薬はお渡ししております。

お薬についてのご質問

お薬全般

Q.薬剤師が毎回症状を聞くのはなぜですか?

A.副作用など体調の変化を見逃さないためにお聞きしてます。

症状をお聞きすることで、副作用が疑われるような体調の変化がないか、お薬の飲み合わせに問題はないかなどを確認しています。気になる症状などがあればご相談ください。

Q.残った薬は調整してもらえるのですか?

A.お手元にお薬が残っている場合にはご相談ください。

医師と相談の上、お薬の量や日数を調整いたします。

Q.余ったお薬を返したら返金してもらえますか?

A.代金を返金することはできません。

お薬の交付は、治療を目的に医師からの指示書である処方箋に基づいて行われています。一連の治療の中で交付されたお薬であることから、たとえお返しいただいたとしても、代金を返金することはできません。

ジェネリック医薬品

Q.ジェネリックって何ですか?

A.同じ有効成分を使っており、国の基準を満たした医療用医薬品です。

先発医薬品と同じ有効成分を使っており、品質や効き目、安全性が同等で、国の基準を満たした医療用医薬品です。先発医薬品とは有効成分以外の添加物などに違いがあります。新薬に比べて開発費を抑えられることから先発医薬品より安価です。

ジェネリックとは?

Q.ジェネリックって効くんですか?

A.有効成分は先発医薬品と同じで、品質・効き目・安全性は同等です。

製品によっては、大きさや味など飲みやすく工夫されたものもあります。

Q.すべてジェネリックにしたいのですが、できますか?

A.ご用意できないものもあります。

先発医薬品の特許存続期間が終了した後に発売されるのがジェネリックです。すべての先発医薬品に対してジェネリックがあるわけではないので、ご用意できないものもあります。