クオールの取り組み

クオールはかかりつけ薬剤師・薬局の実現をリードしています。クオールはかかりつけ薬剤師・薬局の実現をリードしています。

クオールのこれから

「患者のための薬局ビジョン」で描かれている将来と現実。

75歳以上の後期高齢者が急増する「2025年問題」に対処するため、薬局そして薬剤師に求められる役割は大きくなってきています。
しかし、地域包括ケアシステムの構築に必要なかかりつけ薬剤師・薬局があまり認知されていないことや、要件を満たす薬剤師・薬局が増えにくいなど、多くの課題が残っています。

■今後の薬局のあり方(イメージ)※厚生労働省「患者のための薬局ビジョン」より抜粋

健康サポート機能

地域住民に向けた健康相談や受診勧奨などの健康サポート機能

高度薬学管理機能

抗がん剤などの薬学的管理を行う高度薬学管理機能

かかりつけ薬局の役割

医療機関をはじめとする関係機関との連携
ICTを活用した、服薬情報の一元的・継続的管理と把握
服薬についての相談などへの24時間対応、在宅患者への薬学的管理・服薬指導

そのほかに

立地から機能へ

2025年までにすべての薬局をかかりつけ薬局へ

対物業務から対人業務へ

患者中心の業務割合増加

実際には
課題が多い
かかりつけ薬剤師・薬局の認知不足
健康サポート機能や高度薬学管理機能の未達
かかりつけ薬剤師の育成制度がない

クオールでは国が求める
薬剤師・薬局のあり方にいち早く対応した取り組みを行っており、
かかりつけ薬局・薬剤師の実現をリードしています。


健康サポート薬局

▲ページ先頭へ

「QOLサポート クオール薬局京王八王子店」が健康サポート薬局の届出を行い、適合となりました。

「QOLサポート クオール薬局京王八王子店(東京都)」では、店内にさまざまな簡易測定機器を常設。血圧など測定データをもとに、薬剤師や管理栄養士が健康アドバイスや栄養相談、受診勧奨を行い、地域の人々の病気予防や健康サポートに役立てています。またICTを活用した服薬情報や各検査値データの管理・利用を行い、充実した服薬指導を実現しています。さらに地域のスポーツクラブや携帯電話ショップと連携して、出張型健康チェックなど健康維持・増進を目的としたフェアを実施。地域の人々の健康を見守る体制づくりを進めています。

店内を活用した運動講座

店内を活用した運動講座

地域の身近な存在として健康維持・健康増進をサポートしています。

クオールでは地域の健康維持・増進をサポートする目的で、全国各地の薬局で健康フェアを開催しています。検体測定や体組成測定のほか、お薬や栄養に関する健康相談を実施。これらの活動はかかりつけ薬剤師要件の「地域活動」に認定されました。クオールではこれからもかかりつけ薬剤師が活躍できる薬局として、業界をリードする取り組みを推進していきます。

健康フェアの様子

健康フェアの様子

健康サポート薬局・新人薬剤師 藤 美和子

健康サポート薬局の一員として、未病のお客様の検体測定と検査値に関する説明、栄養・運動についてのアドバイスを行っています。血糖値やコレステロールなどが気になる方とのお話をするなかで、知識やコミュニケーションスキルが向上していくのを感じています。


高度薬学管理

▲ページ先頭へ

地域包括ケアシステム構築のための在宅医療や高度薬学管理機能の充実・強化を図っています。

クオールでは高度な専門知識を備えた薬剤師を育成するために教育制度を整えるほか、地域包括ケアシステム構築の重点項目である在宅医療を15年以上前から行ってきました。また医療連携による高度薬学管理機能の充実・強化にも取り組んでおり、退院後にご自宅で治療されるがん患者さまの服薬指導やフォローも行っています。さらに取り組み内容を共有するために地域の病院・薬局薬剤師との勉強会に積極的に参加しています。こうした活動が認められ、厚生労働省の研究班が行う研究に保険薬局として参加。クオールの薬剤師が研究に貢献しています。

医療連携のための勉強会の様子

医療連携のための勉強会の様子

■高度薬学管理機能における薬剤師の活躍(イメージ)

大学病院とクオール薬局との連携(マンツーマン連携)とQOLがん認定薬剤師を取得した当社薬剤師のJASPO(日本臨床腫瘍学会)や地域連携での活動により実現

高度薬学管理機能・薬剤師 村田 勇人

処方元の病院薬剤師と連携を取り合いながら、在宅治療中の抗がん薬治療患者さまに対する、電話によるフォローアップ効果を確認する厚生労働省の研究事業に参加しています。この研究事業の成果を、高度薬学管理機能における保険薬局薬剤師の活躍へとつなげていきます。


薬剤師の育成

▲ページ先頭へ

かかりつけ薬剤師を育成する独自の仕組みがあります。

かかりつけ薬剤師として医師や医療従事者とのチーム医療に参画するためには、医師と同等かそれ以上に多くの知識や経験が必要となります。しかし医師が専門医なるまでに大学卒業後に5~6年かけて学ぶ制度がある一方、薬剤師にはそうした全国共通の研修制度がありません。この差をなくしていくために、クオールでは3年育成プログラムなどの独自の教育制度を充実させるほか、OJTでさまざまな診療科を経験することで、チーム医療のなかでも輝けるかかりつけ薬剤師を育成しています。

医師・医療従事者とのチーム医療へ参画

医師・医療従事者とのチーム医療へ参画


継続的な取り組み

▲ページ先頭へ

出店戦略

患者さまの目線に立った医療連携ができる出店をしています。

クオールは、医療機関との連携を強化し、かかりつけ薬局から始まり、健康サポート機能や高度薬学管理機能まで患者さまの求める薬局のあり方を追求しつづけています。また利便性を追求し、ローソンやJR西日本グループ、ビックカメラと連携した次世代の薬局づくりも行っています。

出店戦略 出店戦略

ITサービス
ITサービス

携帯アプリの活用で、待ち時間の短縮や健康を
トータルでサポートします。

「処方せん送信アプリ」でクオールグループのかかりつけ薬局に処方せんを送信すると、お薬の出来上がる時間が来店前にわかるので、患者さまの待ち時間短縮につながります。その他にもバイタル管理、声による体調管理、カロリー計算などトータルに健康管理ができる携帯アプリによって患者さまのみならず、すべての方々の健康をサポートします。


最先端設備

調剤過誤防止システムなどを導入し、
薬剤師が安心して働ける環境づくりをしています。

調剤する医薬品をバーコード端末で照合することで取り間違いを防ぐシステムや、全自動調剤機器を導入しています。患者さまへ安全に薬を提供するのはもちろん、薬剤師が服薬指導に専念できる環境をつくっています。

最先端設備 最先端設備

アドヒアランス向上

患者さまとのきめ細やかな
コミュニケーションを追求し、治療意欲を高めます。

長期服用を要する生活習慣病などの患者さまや、服用を開始したばかりで細やかなサポートを必要とする方に対して、対話や電話で適切にフォローアップすることで治療意欲を高めています。

※患者さま自身が病気を受容し、治療方針の決定や治療に能動的に参加すること

アドヒアランス※向上

在宅医療

地域包括ケアに積極的に参加して、自宅療養の
患者さまのサポートにも注力しています。

クオールは、15年以上前から居宅を中心に在宅医療に積極的に取り組んでいます。必要に応じ医師・看護師などと連携し、輸液の混注やバイタルチェックなども行います。適切に処方提案が出来る薬剤師を育成し、地域医療に貢献しています。

在宅医療 在宅医療