エントリーはこちらから
エントリーはこちらから
社員紹介 5
PEOPLE 社員紹介 5

会社からいただいたものを、
患者さまに返していきたい。

会社からいただいたものを、
患者さまに返していきたい。

社員紹介

05

時園 茉由子 Mayuko Tokizono

時園 茉由子
Mayuko Tokizono

新業態CVS事業部

小学生のころ好きだった科目は理科。そこから、化学や薬学といった分野に興味を持ち始めた。現在、新卒入社1年目。クオールの中でも新しい業態の一つであるCVS事業部ローソンクオールにて、日々新たな学びを得ている。

ドクターより気軽に相談できる。テレビやネットより安心できる。
薬剤師として、社会に貢献する方法は様々です。製薬企業の研究・開発職として薬の創薬に挑む道もあれば、病院の薬剤師として重い疾患の患者さまを支える道もある。その中で私が薬局の薬剤師を選んだのは、何年、何十年かけて一つの薬の開発に没頭するより、数多くの患者さまと関わっていきたいと思ったから。また、病院への通院が終わった後も、少し体調が優れないときに気軽に相談できる存在として、長く患者さまとお付き合いしたかったから。病院は、病気になったら行くところですが、薬局は未病の段階から訪れてもらえる。テレビやネットより確かな知識がありながら、ドクターよりも気軽に相談できる存在として、患者さまを支えていきたいと思ったんです。
『教育のクオール』の神髄を、日々味わっています。
クオールに入社してからは、学生のころより実務に沿った勉強をしています。日々の業務や患者さまから学ぶことも多々ありますし、先輩からの指導に加え、入社後6年かけてかかりつけ薬剤師の基礎を習得する 6年育成プログラムも整備されている。またそれ以外にも、一般医薬品を扱うローソンクオールならではの学びもあります。メーカーの方が毎月本社を訪れて、一般医薬品についての勉強会を開催してくださるんです。商品の特徴、販売にあたっての注意点など、明日からすぐに使える知識を得ることができる。就職活動時、人財教育に力を入れている点に惹かれて入社を決めましたが、その選択は間違っていなかったんだなあと心から思えます。
病気を治すだけじゃなく、病気にならないためのサポートを。
クオールでは現在、全国各地の様々な店舗で定期的に『健康フェア』というイベントを開催しています。目的は、地域の健康維持・増進のサポート。コレステロール値やHbA1cを測定することで生活習慣をチェックしたり、骨量や体組成、肺年齢をチェックすることができる。もちろん、お薬や栄養に関する相談も受け付けています。薬局は、病気になったら来るところじゃなく、未病の段階から気軽に相談できる存在なんだ。最近では、そんな風に利用してくれる方も増えてきました。健康フェアには近くのビルで働くOLさんや会社員の方、ご近所に住んでいる方がたくさんいらっしゃいますし、毎日血圧を測りに来てくれる方もいる。病気にならないためのサポートをする。薬局の新しい存在意義が見えてきました。
インプットした学びをそのまま伝えるだけじゃ、私である意味がない。
日々たくさんの学びを得ることができる。それも、やりがいの一つなのですが、何よりも嬉しいのはその学びを自分の中でかみ砕き、患者さまにわかりやすいカタチで伝えられたときです。たとえば、「糖尿病のお薬を飲まれている患者さまには、血糖値を上げない食事についても指導していきましょう」という講義を受けたときは、それを自分なりにかみ砕き、場合によってはローソン店舗内で買える血糖値の上がりにくい食品についてもご案内する。自分が学び、経験したことを100%で伝えるのではなく、200%価値のある情報に増やしてお伝えしていく。それが、私を育ててくれた会社への何よりの恩返しだと思っています。
エントリーはこちら