株主・投資家のみなさまへ

 皆さまのおかげをもちまして、当社は創業からまもなく四半世紀を迎えます。調剤薬局チェーンの5本の指に入る一社として、加速度的な成長を果たしてまいりました。

 2016年3月期は増収・増益かつ過去最高益を更新することができました。その要因は、主力の調剤事業の業績が堅調に推移したことに加え、6年前から我々が注力してきたコンビニエンスストアなど、異業種と連携した新業態事業への取り組みが業績に反映し始めたことにあります。また、BPO*¹受託事業においてMR*²の派遣事業が軌道に乗り、利益が出せる基盤を確立できたことも要因の一つとなりました。

 2016年4月に実施された薬価や調剤報酬の改定は、当社調剤事業における事業推進に大きな影響を与えました。しかし当社の新規出店やM&Aなどによる成長力推進、既存店を中心とした利益基盤の構築、かかりつけ薬剤師制度など医療制度を取り巻く環境変化への対応力によって増収増益を維持することができると考えております。
また、国がジェネリック医薬品推進を掲げる中で、調剤薬局において在庫が増加する傾向にあり、医薬品を取り巻く環境も大きく変わってきております。そのような中で当社は、今後ヤマトグループと連携し、物流改革を通じた新たなステップにも繋げていきたいと考えております。

 CEO COOの新経営体制に移行し、より一層強固な経営基盤のもと、環境変化に柔軟に対応し、長期的事業構想である売上高3,000億円の実現に向け邁進してまいります。
これからも変わらぬご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役会長CEO 中村 勝
代表取締役社長COO 中村 敬
2016年6月現在

*¹BPO:Buisiness Process Outsourcingの略
*²MR:Medical Representativeの略

事業等のリスク

当社グループの事業等において、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項について、ご説明します。

「事業等のリスク」について詳しく見る



ページの先頭へ