ディスクロージャー・ポリシー

1.情報開示の基本方針

クオール株式会社(以下、「当社」という。)は、適時適切な会社情報の開示が健全な資本市場形成の根幹をなすものであること、また患者さまやお客さまが安心してクオール薬局を利用していただく基盤となることを十分認識し、会社法・金融商品取引法等の関係法令及び証券取引所規則等に則り、ステークホルダーに対して適正、適時、かつ公平に開示することに努めます。
また、ステークホルダーとの対話を積極的に行い、いただいた意見等を企業活動に適切に反映するよう努めるとともに、積極的な情報開示をもって、企業としての透明性を一層高めていき、ステークホルダーとの信頼関係の構築と維持に努めます。

2.情報開示の方法及び自主的開示項目

当社は、関係法令・上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則等(以下、「適時開示規則等」という。)に従い情報を開示します。「適時開示情報」については、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて公表するとともに、当該公表後速やかにプレスリリース及び当社ホームページへの掲載を行います。
また、適時開示規則等には該当しなくとも、投資判断に有用であると判断した情報については、積極的に開示を行います。具体的に公開している情報は、決算説明会での補足資料やプレゼンテーション資料、月次ベースの売上・処方箋応需枚数増減率推移情報、組織改編、人事異動等があります。

3.インサイダー取引の未然防止

当社は、未公表の「適時開示情報」が一部の資本市場参加者のみ選択的に開示されることの無きよう、当該情報に関わる関係者に対し、社内規程に従い内部情報の管理を徹底します。

4.沈黙期間の設定

当社は、決算情報の漏えいを防ぎ公平性を確保するため、四半期の終了日から当該四半期の業績の発表日までの間は、沈黙期間として当該四半期の決算情報に関する対外的コメント及び問い合わせへの回答は行わないこととしています。

5.将来予測に関する記述

当社が提供する業績予想に関する記述または開示する情報に含まれる将来の見通しは、開示時点において当社が入手している情報による判断に基づいているほか、将来の予想を行うために一定の前提を用いており、様々なリスクや不確実性を含んでおります。
したがって、現実の業績数値、結果等は、今後の事業運営や経済情勢等の変化により、開示情報に含まれる将来の見通しと異なる可能性があります。

6.株主・投資家との対話と社内へのフィードバック

当社は、面談や説明会等の様々な機会を活用しながら、株主・投資家との建設的な対話を行ってまいります。
また、対話を通じていただいた意見等は、経営陣を含む社内関係者にフィードバックを行い、企業活動に適切に反映するよう努めてまいります。

7.第三者による業績予想等

当社は、第三者による当社に関するいかなる意見や推奨、業績予想等に対してコメントしないこととしています。
ただし、当該情報を放置することが適当でないと当社が認めた場合には、適切な対応を行います。

ページの先頭へ