社員教育

クオールの社員教育システム

今までの研修制度の経験を活かし、階層別研修体系と総合試験を統合させた新教育制度を導入しています。

必要な研修の履修を義務付け、薬局長になるための総合試験を実施しています。研修内容は薬剤師として疾患に対する高い専門性と職位に必要な知識、医療事務においては接遇や 医療保険制度などの知識を身につけることを目的としています。

また、社内研修として、階層別研修・QOL認定薬剤師制度・Q.O.L.S.(QOL Original Learning System)研修を実施し、社員の質の向上を目指します。

定評あるクオールの教育システム 概要図

各々のキャリアにあわせたクオール中途入社社員研修。

中途入社社員の声
中途採用に関するお問い合わせ

〒105-8452
東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー37階
クオール株式会社 採用部
後藤・阿部
フリーダイヤル 0120-303-811
recruit@qol-net.co.jp

当箇所のコンテンツが正しく表示できません

ご使用のブラウザ環境では、本コンテンツが正しく表示できない可能性があります。下記の注意点を確認し、必要な設定を行った上でブラウザを再起動してください。

  • スマートフォン等のパソコン以外のブラウザでは、本コンテンツを閲覧できない場合もあります。
  • パソコンのブラウザの JavaScript 設定を有効化してください。
  • パソコンの場合、最新の Adobe Flash Player をインストールしてください。

QOL認定薬剤師制度

クオール独自の社内認定制度です。エキスパートコースとスタンダードコースがあります。
エキスパートコースは、経験を積んだ薬剤師から選抜されたメンバーによる1年間の研修コースです。スタンダードコースは新人から取得可能なコースで、月1回のテストにより半年かけて知識の定着を図ります。

エキスパートコース

QOLがん認定薬剤師コース、QOL認知症認定薬剤師コース、QOL在宅認定薬剤師コース、QOL糖尿病認定薬剤師コース)があります。医師や各専門家を講師とし、実習も入れながら学んでいきます。各コースとも、高い専門知識をもって判断し、精神的サポートを含めて対応できる薬剤師の育成を目的とした研修です。医薬連携や地域包括ケアの構築等、チーム医療にも積極的にかかわっています。

スタンダードコース

糖尿病、高血圧、骨粗しょう症などの疾患について、高度な専門知識と最新医療情報を学ぶコースです。各疾患の最新ガイドラインを学ぶことで医師の治療方針を把握し、薬剤師としてステップアップしていきます。

疾患:前立腺癌、前立腺肥大症、高血圧、高尿酸血症、骨粗しょう症、胃食道逆流症、消化性潰瘍、乳癌、慢性頭痛、パーキンソン病、認知症、てんかん、肺癌、糖尿病、咳嗽、虚血性心疾患、関節リウマチ

他にもスタンダードコースには在宅・漢方・一般薬があります。
クオール オリジナルWebシステムで学習していくことにより、確実に専門性が身に付きます。

Q.O.L.S. (QOL Original Learning System)

Q.O.L.S. (QOL Original Learning System) イメージ

Q.O.L.S.は社内独自のe‐ラーニングシステムです。必須研修、Q.O.L.S.セミナーなど、豊富な教育コンテンツを用意しています。随時、新しいコンテンツを更新しています。

クオールグループ学術大会

年1回行われるクオールグループの学術大会です。現場での取り組みや学術的な研究成果を発表します。薬剤師どうしの交流によりモチベーションが高まります。発表内容はWEBでも情報共有化され、全国の薬局で参照されます。優秀な研究はさらにブラッシュアップし、外部学会へエントリーします。

クオールグループ学術大会 風景写真

外部学会への参加

発表内容にふさわしい学会へエントリーし、口頭発表・ポスター発表をしています。現在までに、日本薬剤師会学術大会、日本保険薬局学会総会、日本臨床腫瘍薬学会、日本臨床医療福祉学会、日本薬学会年会など各種学会に参加しています。

海外研修

管理職者を対象に海外研修に参加しています。日本との医療制度の違いを学び、海外における臨床現場を実施に肌で感じとることで普段の実務を充実したものにすることが出来ます。

ページの先頭へ