メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン

メイク・ア・ウィッシュへの企業参加

メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン「メイク・ア・ウィッシュ」とは難病の子どもたちに生きる力や病気と闘う勇気をもってもらおうと1980年に米国で生まれたボランティア団体です。日本では1992年に設立され、これまで多くの子ども達の夢をかなえてきました。

クオールグループはこの主旨に賛同し、募金箱を社内や薬局内に設置したり、 オリジナルグッズを購入するなど、全グループ挙げて「メイク・ア・ウィッシュ」の活動を支援しています。

Make-A-Wish of Japan -- 子どもたちの夢をかなえるボランティア

http://www.mawj.org/

クオールのメイク・ア・ウィッシュの活動

募金活動

全薬局の窓口と事務所内に募金箱を設置しています。
また募金ができる自動販売機(ゆび募金)を一部薬局に設置し、活動につながる窓口を増やしています。

イベント内ブースコーナー販売活動

社内イベントでは、チャリティー・バザーを開催したり、MAWJオリジナルグッズ販売で活動資金につなげています。

労力による支援活動

MAWJが開催している年間チャリティー・イベントの参加や、運営ボランティアとしてのお手伝いを行っています。
使用済みの切手やプリペードカードを収集し、郵送費代の支援につなげています。
紙テープで作る星☆(子供たちが夢をかなえる日のお部屋の飾りつけ用)など、「工作ボランティア」で活動を応援しています。

社内での宣伝活動

社内でもメイク・ア・ウィッシュの活動紹介を行っています。
メイク・ア・ウィッシュのちらしや絵本を展示したり、メイク・ア・ウィッシュのグッズを販売することで、より多くの社員がメイク・ア・ウィッシュの活動に賛同してくれることを願っています。

宣伝支援

店舗内でMAWJのポスターを掲示しています。
チャリティーコンサートやその他地域のチャリティー・イベントのポスター掲示において、薬局待合室を提供しています。

難病と戦う子供たちも、それぞれの夢や希望を持っています。その夢のお手伝いをすることで、目の前の病気と闘い、明日に向って生きるエネルギーをつかんでもらえたらという思いのもと、支援を続けております。これからも、子供たちの溢れる笑顔を絶やさずつないでいけるよう、私たちはメイク・ア・ウイッシュ活動を積極的に支援していきたいと考えております。

2012年度の活動

2012年4月 メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン主催のチャリティーイベントにボランティアとして参加
2012年9月 第17回クオールグループ学術大会にて、チャリティー・バザーを開催
募金活動やグッズ販売も実施

2011年以前の活動

ページの先頭へ