資源リサイクル

クオールは、空き缶のプル・タブを車いすに変える「プル・タブ回収運動」を推進し、公害を生み出さない街づくり、障がい者や高齢者が住みやすい街づくりに注力してまいりました。

2015年8月、800㎏達成、車いす1台と交換することができました

誰もが参加できる社会貢献ということで始めたこの運動。
2009年7月に一般社団法人環公害防止連絡協議会「プルタブ・アルミ缶回収運動」に登録、活動を開始から7年間で、ついに800㎏に到達しました。

プル・タブは、1個あたり約0.5g、160万個でアルミ資源800㎏に相当します。
それにより、アルミ製車いすに交換することができます。

地道な活動を継続したことにより、資源リサイクルと社会貢献が実現いたしました。
交換した車いすは、地域の医療機関へ寄贈いたしました。

  • 参加登録証

  • 受領報告書

  • 同協会からいただいた感謝状

ページの先頭へ